elements

ブドウ品種

私たちの在り方をそのままに表現する普遍的な言葉、ワイン

Montepulciano d’Abruzzo~モンテプルチアーノ・ダブルッツォ

アブルッツォの地の貴公子とも言える品種です。土着種であるこのブドウは、生産者たちや醸造家たちの尽力の甲斐あって、近年イタリア最高の赤ワインを生む品種としての地位を得ました。我々のこの丘に見られる土壌と気象条件だけがその品質を最大限に発揮することを可能にするのです。きらめく紫を帯びたルビーのように濃厚な赤、しっかりとして均整が取れ、奥深く、程よいアルコール度数を持っており、酸味は控え目。適度なタンニンを含み、発酵するブドウを思わせるフルーティーで豊かな香りやドライな味わいを備えた、素晴らしいワインです。

Trebbiano d’Abruzzo~トレビアーノ・ダブルッツォ

その様々な呼び名や栽培品種を数えればトレッビアーノは世界で最も数多く栽培されている品種ですが、その長い歴史の起源は、古代ローマ人の時代から珍重され、今日も大変広く栽培されているここイタリア中部にあります。アブルッツォにおける登場は、理想的な成長条件を提供していた、その温暖で乾燥した気候のお蔭で1500年代の昔に遡ります。アブルッツォで醸造されるトレッビアーノは、輝きのある淡い緑を帯びた麦わら色で、良いボディと心地良いフルーティーな香り、フレッシュな酸味、しっかりした風味を持ち、均整が取れてアーモンドのような独特の後味があります。

Pecorino~ペコリーノ

まず「PECORA=羊」というその名からしても、この品種は私たちの地域のことや、何世紀もの歴史を持ち、ブドウ畑に接するように続く長い家畜移動の道のことを物語っています。ペコリーノはおそらく古代のトレッビアーノ種に属していますが、いずれにせよ全くの土着品種であり、中部イタリアのアドリア海側の山と海の間の地域に特有なものです。黄金色をたたえた麦わら色で花々やフルーツ、スパイスのかなり濃厚な香りを持ち、中程度の酸味とほろ苦さ、良好なボディのある、際立って地域性の強いワインです。

Sangiovese~サンジョベーゼ

いにしえのローマ人たちのサングイス・イョーヴィス(ジュピターの血)は、今日世界最大の成功を収めたイタリアの一品種となりました。比類なく卓越した幾種類かのワインを生んでいることで特にトスカーナ州と強く結びついた品種ですが、300ないし450メートルの標高や高温で乾燥した気候、石灰質の土壌を好むため、よく育つのに適した気候条件は、実際にはイタリア中部全域に見られます。それはまさにこの品種が我々のテロワールに育つにあたって置かれた条件そのものです。ここではそうしてルビーのように赤く、まろやかで均整が取れ、良好なボディがあり、繊細なスパイス系の香りやプルーン、タバコの匂いの加わった、熟した赤いフルーツの香りを持つワインが生まれています。

Cabernet~カベルネ

「このブドウはそもそも古代にプリニウスによって讃えられ、ローマ軍団によってフランスの属州に導入された、かの有名なビトゥーリカ種に他ならなかった」と主張して、このボルドー産の偉大な品種の起源をも、イタリアのものと書き換えることを欲する人々が存在しています。私たちが確実に言えるのはただこの品種の、乾燥して風通しの良い気候や、粘土質で水はけの良い土壌を好む性質が、私たちの地域で栽培するのに理想的であるということだけです。そうして得られるのはルビー系の色合いと、独特の草のような匂いや繊細なスパイス系ノートを伴う、熟したフルーツの濃厚な香り。なめらかなタンニンを含んだ調和的な味わいのワインです。

Chardonnay~シャルドネ

フランスのブルゴーニュおよびシャンパーニュを起源とし、紛うことなきアロマをたたえたこの白ワインを生むブドウは、現在は世界中でそれぞれ途方もなく異なり合った生産地や変種を見せています。様々な土壌に適応し、弱みはただ湿度が高過ぎたり寒過ぎたりする気候だけです。もちろん私たちの地方はそうではないため、この品種は全く問題なくこの地に生い茂ります。輝きのある緑を帯びた麦わら色の、独特の変化に富んだフレッシュでありながら、まろやかで心地良い味わいと、トロピカルフルーツやバナナ、繊細な黄色い花々などの香りを併せ持ったワインを贈ってくれます。

Merlot~メルロー

カベルネの遠い親戚に当たるこのフランス生まれの品種は、その高貴な親戚と較べ、常にマイナーな評価を受けて来ました。しかしその世界レベルの伝播は、特により温暖な気候の下で、いかにこの品種が並外れてリッチで濃厚なワインを生み出せるかを証明して来ました。我々の畑ではメルローの育ちは上々です。生み出されたのは美しいルビーのように赤く、草の匂いと微かなスパイス系のノートが熟したフルーツの香りと融け合うワインです。フレッシュかつ調和的、ミディアムボディの味わいと心地よい余韻を持ち、ある種の上品さと特有性すら持ち合わせています。

Pinot Grigio~ピノ・グリージョ

イタリアでは特に北部の州で栽培されているピノ・グリージョにとって、私たちの地域はもう少し温暖ではあるものの、この品種好みの穏やかで風通しが良い気候下にあります。種の属性は変化し、ワインはより豊かに丸みを帯びますが、あの典型的なほんのりと蜂蜜のようなノートの感じられる芳香はそのままです。色合いは麦わら色で、フローラルノートとメロンやレモンの匂いを伴うフルーティーな香りがあります。味わいはフレッシュで心地良く、調和的です。

Cococciola~ココッチョーラ

このアブルッツォの古代土着品種は、昔からトレッビアーノと一緒に収穫してブレンドされた為、よくトレッビアーノの一種だと考えられてきました。現在はその個性を引き出すため単一で醸造されます。色は軽いレモン色で、少し緑がかった反射があり、花や桃と柑橘の皮の香りが感じられます。ミディアム・ボディで、ミネラル感と酸味のある、バランスの良くとれたワインです。

Passerina~パッセリーナ

パッセリーナの起源はアブルッツォとマルケ州です。実が小さくてよくスズメが食べる事からこの名前になりました(Passero=スズメ)。この品種は熟成した後でも酸味が充分に残っているため、アブルッツォの中でも生産量が増えています。酸味の成分は現在の天候変化の問題の為とても貴重になっています。この品種からは少し緑がかった反射の軽いレモン色のワインが作られます。洋ナシ、ネクタリン、オレンジピールと花の香りが特徴。ミネラル感が余韻に残る、フレッシュな味わいのワインです。

elements

我々のワインは季節限定のものでも、流行を追うものでもありません。自然に持ち合わせた素材の良さを引き出す為に最低限の近代的な技術を用いただけの、我々やこの大地のように飾り気のないシンプルなワインです。

elements
自社畑 
elements
瓶内熟成

私たちの地のワインの貴公子であるモンテプルチャーノ・ダブルッツォに始まり、いにしえの牧畜の世界にその根を下ろした特有の地域性が際立つペコリーノ、次いでサンジョヴェーゼやトレッビアーノ、メルロー、カベルネ、その他の様々なワインのいずれもが、我々自身の在り方や、この地と四季から生み出される産物…一言で言えば私たちの営みそのものを、一様に表現しているのです。

ニュース 

メーリングリストに登録